Blogで遊ぶBlog

はちみつ大好き!! by 小沢民

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

絶対に辿り着けない世界平和 by T 

随分昔からず~っと思っていることなのですが、私は

世界平和は幻想で、決して辿り着けるところではない、と。


実は皆さんも薄々気付いているのではないでしょうか?
自分の周りや自国が争いの無い状態を「平和」と称するなら、それは実現可能だと思うのですが、世界平和、即ち全世界で紛争が無い状態が維持されることは有り得ません。

ただ根拠を聞かれると希薄なものなのですがw
私が世界平和を不可能と言う根拠は「経済」「宗教」「本能」「欲望」です。

どれも周囲に軋轢を生みます。

経済は貧富の格差を生み、宗教は教義の違いを認めず、本能は生き汚くし、欲望は他者を貶めます。
仮に貧富の格差もなく平等で、死のリスクを極限まで縮小し、全ての欲望を排除できたなら恒久的世界平和は達成できるかもしれません。

しかしそれは人間の社会なのでしょうか?

平和主義者の方はそこまでは言わない、「世界から軍隊が、武器が無くなれば平和になる」みたいな事を言いますが、それが実現可能ですか?

「反戦平和」と唱えれば実現できますか?

平和であること、は確かに望ましいことです。争い事もなく、穏やかに暮らしていけたら幸せでしょう。それは間違いではありません。
その状態を「どのように」「どの程度の規模で」実現するかが問題なのです。先に書きましたが、世界平和は不可能だと私は思っています。ですからせめて自分の身の回り、言い換えれば日本が平和な状態を維持して欲しいのです。

そのために何をすべきか?
日本は世界の中の1国家でしかありません。日本以外の国も沢山あります。その中でどうするのがよりベターなのか?
近隣諸国の中には「足るを知らない国家」が存在しています。
そのような「虎視眈々と侵略する隙」を伺っているような国々とどのように付き合っていくのか?

以前K氏が書きましたが、戦後の日本の平和は正に「薄氷の上」に存在しています。その事実を伝えず自虐史観を植え込み、近代・現代史に力を入れず、政治に対しての興味を持たせず、平和ボケを量産してきた日教組は国賊です。

平和ボケして「反米・親中」とか言い出すお花畑住人も増えました。

某ブログより
しみじみ思うのは極右政治家の親分中曽根康弘も含めて昔の自民党はバランス感覚がそれなりにあったのだなあということ(支持したことはただの一度もないけれど)。今そのバランスを取れる自民党議員は加藤紘一と河野洋平くらいだろうか。


思わずコーヒーをモニターに噴きそうになりました。

無知は罪ですよね……_| ̄|○

赤色系の人たちは、断片的な物の見方しかできないんでしょう、きっと。それと右系の人たちが戦争をしたい人と勘違いしているのが哀れです。
むしろ、右系の人の方が、戦争の悲劇を起こさないためにどうするべきなのか?をよく考えているのではないかと。
より広い世界史観を持ち、その中で日本がどのようにして平和を維持するべきなのか?赤色系の人は考えていないのではないかと。

日本の所在地が中国、ロシア、半島から離れていれば、お花畑住人でも平気でしょうがね。
このあたりも以前K氏が書いてましたねw

いずれにしても国家のエゴを中心に、「経済」「宗教」「本能」「欲望」がある限り、世界平和は望めません。その事実を理解して尚、世界平和を謳うのなら

理想を抱いて溺死しろ

今享受している平和が何によって支えられているか、よく考えるべきかと。
スポンサーサイト
  1. 2005/07/04(月) 22:24:10|
  2. Tの戯言|
  3. トラックバック:8|
  4. コメント:3
<<お決まりのパターン by T | ホーム | 中国がキナ臭い by K>>

コメント

『戦争が起きない世界は絶対にありえない』
というのは、『反戦平和』と唱える以上に
簡単なことだと思う私ですが、
まぁそれこそ
『戦争の悲劇を起こさないために
どうするべきなのか?』
を考えてく必要があるのでしょうね。
言いたいことはご尤もなんですけど、
最後の 理想を抱いて溺死しろ・・・
ってところ不味いね。
せっかくこんなに文章書いてるんだから、
もっと冷静に言葉を選ばないと本来であれば
聞く人もちゃんと聞かないと思うんだ。
  1. 2005/07/05(火) 09:45:36 |
  2. URL |
  3. えん #-
  4. [ 編集]

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
  1. 2005/07/05(火) 09:45:48 |
  2. |
  3. #
  4. [ 編集]

TB有り難うございました!

>今そのバランスを取れる自民党議員は加藤紘一と河野洋平くらいだろうか

下等に江の傭兵ですか・・・・・・(大汗)

念仏平和主義唱えるのも言論の自由なんですが、これまでそうだったからといってこれからもそうだとは誰が保障してくれるのか、また、有事の際は血を流すのは必至だという点が欠落しているという点が致命的ですよね。
  1. 2005/07/07(木) 16:53:31 |
  2. URL |
  3. tsubamerailstar #-
  4. [ 編集]

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://tktalk.blog7.fc2.com/tb.php/94-5ef2e191

私の立場

blogを開設して4ヶ月。おかげさまで、毎日2000人以上の方が私のブログを訪れてくれるようになった。そのうち半数近くの方が、「blogランキング」をクリックしてくれている。ここで、私の立脚点を明らかにしておきたい。私は「反共主義者」である。私は「反中派」である。私は
  1. 2005/07/04(月) 23:48:02 |
  2. 依存症の独り言

防衛白書は「中国海軍艦艇の動向注視」~〝active〟な防衛体制と精神の確立を

蒸し暑いこの時期は昼飯食ってもじっとり・・・・という訳で、さっと食べられるザルそばや冷麺の類に走りがちなここ数日であります。そんな個人的事情(?)もありまして、いきなり本題ですが、◆中国海軍艦艇の動向注視」防衛白書の概要が判明 (読売)・東南アジア地域の海
  1. 2005/07/07(木) 16:47:35 |
  2. 私の「認識台湾」

都議選 史上二番目の低投票率…公明党候補者の全勝

 今週は、出張が続きBlogの更新ができなかった。その間、都議選の結果も明らかになった。公明党の議席が増えるとどうなるのかは、大阪府岸和田市の例をみると推測がつく。岸和田市は、第一党が公明党で、第二党が共産党である。大阪は反日朝鮮人、反日中国人が多く住ん.
  1. 2005/07/08(金) 02:18:50 |
  2. こん

平和の季節が終り、戦争の季節がやって来る。

まぁ、四季が廻るように、人類は有史以来、平和→戦争→平和…と繰り返しているのですが、面白いコメントを見つけました。『戦争が起きない世界は絶対にありえない』というのは、『反戦平和』と唱える以上に簡単なことだと思う私ですが、まぁそれこそ『戦争の悲劇を起こさな
  1. 2005/07/30(土) 16:58:12 |
  2. 八重ザ蔵の徒然blog

空虚さを感じる原爆投下の日‐中国と北朝鮮の核を非難しないのか

TBSとテレビ朝日などの反日サヨク・メディアは、「南京大虐殺(捏造)」やら「従軍慰安婦(捏造)」などの問題を絡めて、「おあいこ」だと主張しているようにも思える。 理由の一つに、ヒロシマ・ナガサキが神話化してしまい、戦争を知らない世代にきちんと伝わっていない
  1. 2005/08/08(月) 11:37:03 |
  2. 涼風庵(人権擁護法=言論弾圧法」反対!!)

昭和のいのち

?(ページを破ってスクラップしてありましたので、いつ、何の雑誌か不明)~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~黒柳徹子さんから聴いた話である。---作家の高橋玄洋さんは、終戦の夏のころ旧制の中学生で広島の郊外に学徒徴用で働いていた。
  1. 2005/08/09(火) 16:16:37 |
  2. 天上のシンフォニー制作委員会:日記

平和の祈り

明日は8月6日。広島では戦後60年のイベントが開かれます。そこで、平和に関してコメントしたいと思います。平和について考える時、二つの要素があると思います。平和に対する想いと、現実の活動です。想いというものには、愛、他民族・文化への理解、異なった考
  1. 2005/08/09(火) 16:19:25 |
  2. 伯宮幸明コラム

「サダコの折鶴」

ヒロシマの平和公園には、「原爆の子の像」というのがありますそのモデルになったのは、被爆から10年後に白血病になり、千羽鶴の祈りもむなしく12歳で世を去った佐々木禎子(さだこ)さんです?そのサダコさんのことは、「サダコと折鶴の物語」となって世界に広まっていきま
  1. 2005/08/09(火) 16:22:49 |
  2. 天上のシンフォニー制作委員会:日記

K&T

09 | 2017/10 | 11
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Archives

Category

Links

Search

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。