Blogで遊ぶBlog

はちみつ大好き!! by 小沢民

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

10日ぶりの再会w by K

中央日報自由掲示板にJ氏が帰ってきました。
今回も得意技炸裂っぽいですがw


中国よ「日本捕鯨」の次は「割り箸」と「日本製品」の不買運動。
投稿者 : J 投稿日時 : 2005-06-20 AM 10:13 照会数 : 224 推薦数 : 0

日本捕鯨 中国メディア一斉に非難
http://news.goo.ne.jp/news/sankei/seiji/20050620/m20050620006.html
--------------------------------------------------------------
既知の通り「割り箸」の大半は海外の安価な輸入品で作られています
そのお陰で海外の貴重な森林資源が伐採されており
地球の「砂漠化」の原因となっている(金満日本が原因)

日本はもっと身近な環境から考えるべきで
割り箸の使用は「森林資源保全の精神」に反することを自覚するべきである

「愛地球博」で日本は「環境」を考えているといっておるけど
蓋を開ければロボット・映像機器が「主」であり「環境」は二の次

そして開催地自体「森」であった所を「伐採」して作られたパビリオン群「愛地球博」ではなく「酷地球博」と云えよう

まぁ、そう言っても未だに「消費」だけしか考えない日本であるから
ではどうすれば止めさせることが出来るのか

それは全世界に日本製品の不買運動を展開することである
さすれば「鈍感」な日本人も「自覚が芽生える」ことだろう。




Re] 毎度無知を晒して楽しいですか?
投稿者 : K 投稿日時 : 2005-06-20 PM 12:06 照会数 : 108 推薦数 : 4

割り箸は基本的に間伐材ですね。そんなことも知らないんですか?
外国で生産されているものはどうか判りませんが。
ただ、日本が伐採している訳ではないですから、まずその国が森林保護をすべきですね。
 
まあ、今回は「愛痴球博」のみは正論ですがw
 
日本製品の不買で思い知る?
反日家の韓国人ですら小金持ちは日本製電化製品を愛用しているのに?
価格と信頼で現在の地位を獲得してきた、日本の工業製品を捨てられるわけがないじゃないですかw
 
さて、私は性格が悪いので改めて前回の返答を求めますw
 
>神道に「分祀の概念」がないと言うのは「嘘」
どのような根拠で「嘘」なのでしょう?説明していただけますか?
 
>それをやらないのは右翼の政治的理由としか言えないね
「嘘」を説明されない以上これは決め付け以外の何物でもないですねw
 
>ならば、分祀が出来ぬなら靖国神社を解体し新たな施設を創設しろよ
>(やり方宗教法人の取消と税金の課金)
分祀できないなら靖国神社を解体とはどのような根拠でしょう?詳しく説明してください。
 
領土問題
1.尖閣は日本の領土
2.対馬・竹島は日本の領土
3.北方四島は日本の領土
何か問題がありますか?問題があれば国際裁判所までどうぞ。
 
>改憲で天皇制の廃止し大統領制に移行して普通の国になることである
大統領制以外は普通の国ではないのですか?英国他王制の国々は?
 
よろしくね

<補足>
若干読みにくいので改行を入れました K



今回も逃げるんだろうなぁ~w
スポンサーサイト
  1. 2005/06/20(月) 23:57:55|
  2. 備忘録|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0
<<お帰り、plusさん | ホーム | 母は強し by T>>

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://tktalk.blog7.fc2.com/tb.php/76-57c360e5

K&T

03 | 2017/04 | 05
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Archives

Category

Links

Search

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。