Blogで遊ぶBlog

はちみつ大好き!! by 小沢民

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

眠れない夜と雨の日には by T

なんだか変な時間に寝汗びっしょりで目が覚めてしまいました。
ぐったりしつつ眠くなるまでちまちまっと普段は殆ど見ないようなBlogを見てみると素晴らしいところがありました。

既婚女性の方のBlogなのですが、
旦那さんとお子さんが可哀想に思えてなりません( つд`)


さて、そのBlogと言うのが

Tomorrow is Another Happy

なんてことはない、水葉さんと言うえんさんのお仲間でしたw
この紹介で十分ですよね。

この手の人は都合が悪くなると消しちゃいますから、保全の為に全文転載しておきます。
以下転載


2007年06月28日 [木]
相変わらず、饒舌。

<光母子殺害>弁護側が犯罪心理鑑定で証人尋問
6月28日19時10分配信 毎日新聞

 山口県光市で99年にあった母子殺害事件で、殺人や強姦(ごうかん)致死罪などに問われた当時18歳の元少年(26)の集中審理3日目が28日、広島高裁(楢崎康英裁判長)で開かれた。前日に続き、弁護側の依頼で元少年の犯罪心理鑑定をした日本福祉大の加藤幸雄教授の証人尋問があった。

 1、2審判決によると、元少年は99年4月14日、光市の会社員、本村洋さん(31)方で妻弥生さん(当時23歳)を強姦目的で襲い、首を絞めて殺害。長女夕夏ちゃん(同11カ月)も絞殺した。

 加藤教授は「自我が低下した中で、弥生さんに優しく接してもらい、亡き母のように甘えさせてくれるはずだという強い思いこみが(元少年に)生じた」と分析。一方、動かなくなった弥生さんの体を触ったことについては「母に対する依存感情が性的願望として大きくなっていくことはあり得るので、性的感情が全くなかったという元少年の主張は必ずしも適切ではない」と述べた。この他、1審前の鑑別所の記録で「退行した精神状況だった」などと、今回の鑑定と類似した結果が出ていたことも指摘した。

 公判後に記者会見した弁護団は「被告が語った内容で事実関係の一部が明らかにでき、内容は遺体の痕跡とも合致している。今後の裁判で重要な部分が証明されていくだろう」と語った。
 この後、7月24~26日と9月18~20日に集中審理がある。【大沢瑞季、安部拓輝、内田久光】



 ◇憤り隠せない…本村さん会見


 ――3日間の集中審理の感想を。
 聞くに堪えない3日間だった。あまりにも我田引水で身勝手な主張が多い。亡くなった者への尊厳のかけらも見られず、憤りを隠せない。被告は全く反省していないと思った。初めて法廷で被告と目が合い、退廷時に鋭い目でにらみつけられた。今日ほど憤りを感じた日はない。

 ――被告が目を合わせた意図は何だと思うか。
 何を思い私たちを見たのか分からない。私は直感的に、この人間を社会に帰してはいけない、この人間を裁けない司法ならいらないと思った。

 ――亡くした妻と娘に報告できることは。
 むしろ妻と娘に聞きたい。何が本当に起こったのかと。現場を知るのは妻と娘と被告だけ。弁護団の「ストーリー」という言い方が非常に嫌い。物語ではなく、真実を究明するのが裁判だ。

 ――法廷で意見を述べたい思いは募ったか。
 裁判の最後の方で(犯罪被害者・家族の)意見陳述権を行使したい。公判を見ながら思ったことを正直に述べたい。

 ――被告の話し方や仕草に変化を感じたか。
 語彙(ごい)が増えたが、弁護団の弁論と同じ単語が多いと感じた。事件から8年がたち、言葉遣いや主語・述語の使い方などに成長の跡は見られる。

 ――被告の話に真実味を感じたか。
 検察側冒頭陳述が事件の真実と思ってきた。被告もずっと否認しなかったが、ここにきて主張を変え、内容があまりに支離滅裂。被告はうそを言っていると今は思うが、判定するのは裁判所だ。

 ――この1年で反省した形跡は見られたか。
 いいえ。それが非常に残念。極刑を求めるが、今の状態で死刑判決が出ても意味がない。

 ――3日間で許せなかった被告の言葉は?
 検察側の質問に「本法廷で言っていることがすべて」と答えた。今までの7年をほごにしてしまう言葉で許しがたい。

ちょっと本村さんが心配になってきた。
こんなに危なっかしいことをベラベラ喋って大丈夫なんだろうか・・・?

正しくは、「目が合った」と思った、「鋭い目で睨みつけられた」と思った、という本村さんの「主観」的なもので、法廷での状態で「反省していない」と断言できるものではないと思うのだけどなぁ。というのも、私自身、ぼーっとしてるだけなのに「なんで睨むねん」と言われることがよくあるから。それに法廷での態度が「反省の度合い」とされるのもどうなのかなぁ。反省パフォーマンスの上手な人にとっては得だけど。「幼稚な人格」の被告なら、反省の態度を期待するのは無理だろう。

だいたい、これだけ「遺族」がクローズアップされる裁判も珍しい。
本村さんに投げかけている質問を見ても、マスコミが彼を「ネタ」としか考えていないのは明らかなのに、その手中で自分の「個人的な思い」を吐き出すのはどうなのか。

私は直感的に、この人間を社会に帰してはいけない、この人間を裁けない司法ならいらないと思った。


正しいのは自分。遺族の自分には加害者を裁く権利がある。
司法が自分の思い通りにならないなら存在価値はない。
・・・こういう、自我の肥大は怖いなぁ。

それに「被告が反省していない段階で、死刑にしても意味がない」というのもすごいなぁ。彼は、被告に反省を求め、悔い改めた段階で容赦なく死刑執行をしてほしいんよね。妻と子どもは理不尽に殺されたのだから、お前もそういう殺され方をしろ、ということか。

自分の罪と向き合い、真摯に「反省」した死刑囚は、「悟りを開いた」状態になることが稀ではないという。せめてそういう状態で最期を迎えてほしいと私は思うけれど、本村さんにとっては、それも不本意なんだろうな。「しまった!自分はなんてことをしてしまったんだろう!」という後悔の中で、死の恐怖におののきながら死刑台に登らせたいのだとしたら、なんという「復讐心」だろう。



転載ここまで。

人権派と呼ばれる人間と言うのは、加害者の人権だけを守り、被害者やその家族の人権はどうでもいいと思っている人達なのですね。
このエントリー、死刑廃止論議と言うカテゴリーに分類されているようなのですが、読んでいるとこちらの頭がおかしくなりそうです。死刑廃止を謳う人達ってこんな人ばっかりなのでしょうか?

一応、トラバっておきますが多分管理人の承認はいただけないと思いますw
このようにおっしゃってますから→意見があるなら自分とこで書け。
自分に共感してくれる人の声は反映して、自分の意見に反対の声は一切聞く耳持ちませんと宣言しておられる訳ですからw
流石はえんさんのお仲間だけありますね、ある意味尊敬に値します。

そうそう、私は死刑肯定派なので。
廃止派の意見も肯定派の意見もどちらの言い分も租借した上で、どちらかと言うと肯定派ですね。
むしろ声高に叫ぶ廃止派の人を否定したい方でw

この事件も弁護団が異常にしか見えませんし。



あっ、ダメだ。比喩表現でなく気持ちが悪くなってきた。
体調不良時に電波浴はいけませんね、心と身体に毒です(苦笑)
ゆっくり休むことにします…… _| ̄|○
スポンサーサイト
  1. 2007/06/29(金) 04:20:20|
  2. aqualeafee|
  3. トラックバック:2|
  4. コメント:0
<<後出しじゃんけんで負ける人も珍しいw by K | ホーム | 馬泥棒は縛り首だろ? by K>>

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://tktalk.blog7.fc2.com/tb.php/321-55296005

『死刑廃止大作戦』 第24話「幼稚人間」

▼「ドラえもんが何とかしてくれる」母子殺害公判で元少年 (asahi.com)
  1. 2007/06/29(金) 09:58:49 |
  2. [間歇日記]世界Aの始末書

懲戒に値する弁護士

ランキング(政治)に参加中おかしな弁護士には懲戒請求を! 「聞くに堪えない3日間」本村さん、憤りあらわ 母子殺害差し戻し審  山口県光市・母子殺害事件の差し戻し控訴審は28日、広島高裁で3日間の集中審理を終え、遺族の本村洋
  1. 2007/06/29(金) 21:01:52 |
  2. 博士の独り言

K&T

05 | 2017/06 | 07
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Archives

Category

Links

Search

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。