Blogで遊ぶBlog

はちみつ大好き!! by 小沢民

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

これで3Aに昇格か? by K

5/12、13のエントリーで来客数が増えたのかと思いきや……


オルタナティブ@政治経済ヘイトサイトヲチプロジェクト PART2に貼られてたよ、わっはっはっw

886 :無名の共和国人民 :06/05/14 13:05:11
>>877に挙がってた、はてなの方へトラバ送ってた人のブログに
青狐氏のエントリ(http://d.hatena.ne.jp/bluefox014/20060502
)に対するイチャモンエントリ(wがあった

>>http://tktalk.blog7.fc2.com/blog-entry-272.html
>>青狐氏のロジックで言えば、1つ間違い(かどうかは立証されていないが)があれば
他もみんな間違いで、信用するに足りないと。

青狐氏は該当エントリにて在日関連の記述についてはわからないと
はっきり記述しているし上記のようにデムパな解釈をされるような書き方もしていない

大体、「1つ間違い(かどうかは立証されていないが)があれば
他もみんな間違いで、信用するに足りないと。」

というのはネット右翼のデフォだ(笑)

わっはっはっ、デムパ認定キタ━━━━(゜∀゜)━━━━ッ!!

では、デムパな解釈の理由でも書いてみようか。

デマサイトに騙されないように4 (青狐)

…という感じです。1点2点ならまだしも、こんなにデタラメな記述ばかりのサイトのようですから、あまり鵜呑みにしない方がいいと思いますよ。

例のサイトの存在が物語っているのは、いわゆる「プロパガンダ」は中国やら韓国にだけあるのではなく、日本にもある、それも「反日プロパガンダ」を批判するという大義名分を掲げるサイトの多くが、やはり「デマ」だらけだったりする、という事実です。

在日の問題については専門外でわからないのですが、印象としては、戦前のナチスドイツが政権奪取前に行った「ユダヤ人批判」キャンペーンと手法が近いものがありますね。ナチスは、当時のドイツの「格差社会」の問題をユダヤ人対ドイツ人の問題にすり替えて、格差社会に対する人々のくすぶった感情を反ユダヤ運動に誘導していったわけですが、現代の日本も格差社会がもたらす不平不満を「反・在日」感情などに誘導させる動きがありますね。

高原基彰によると、格差社会の問題から目を背けさせるために異民族を憎悪のターゲットにしている、というわけですね。(「不安型ナショナリズムの時代―日韓中のネット世代が憎みあう本当の理由」)

上記は「「韓国は“なぜ”反日か?」というサイトの南京事件に関する記述への批判(転載)」の締めであるその4の引用。
これを含めて全体の構成からその問題点を記していこう。
1)「在日の問題については専門外でわからない」ということを最後まで明かさない。
これは前回も書いたが初めにその事実を明かしていないことが問題なのな。

2)専門外であることを明かすまで繰り返し「デマサイト」と書き続ける。
まずエントリーの初めに

この「韓国は“なぜ”反日か?」というサイト、今もさまざまなブログで肯定的に紹介されていること自体がすごい。

と言い切っている。
この書き方であれば「俺はこのサイトを否定するよ」と言っているも同じである。
冒頭でこのような書き方をした上で各項目のタイトルを「デマサイトに騙されないように* (青狐)」とサイト全体がデマであるかのごとく印象付け、止めに

…という感じです。1点2点ならまだしも、こんなにデタラメな記述ばかりのサイトのようですから、あまり鵜呑みにしない方がいいと思いますよ。

と持ってくる。

ここまでやってから申し訳程度に「在日の問題については専門外でわからない」と書いたところで既に全否定してきたことには変わりは無い。
青狐氏は全体の数%しかない南京事件に限定して持論だけをぶちかませばいいものを、持論をぶちかましつつ巧妙に「韓国は“なぜ”反日か?」=デマサイトと印象付けようとしている。

これを印象操作と言わずして何と言う?

青狐氏が意図しているかどうかは不明だが、少なくとも上記のような捉え方のできる文章構成ではある。

青狐氏ご本人様の意図やいかにっ!!
スポンサーサイト
  1. 2006/05/19(金) 00:46:38|
  2. Kの戯言|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0
<<ハリポタで…… by T | ホーム | こう言うことがあるから世の中面白い by K>>

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://tktalk.blog7.fc2.com/tb.php/276-bc2e0fbe

K&T

07 | 2017/08 | 09
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Archives

Category

Links

Search

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。